プロフィール

はじめまして。

兵庫県たつの市で、ハワイアンホットストーンロミロミ&デトックスリンパトリートメントのリラクゼーションサロンを運営しております「リマレア」の鎌尾友美と申します。

ロミロミは、ハワイ伝統の癒し療法です。

私がロミロミと出会ったのは、健康に生きていることの喜びや感謝を、身をもって経験した時でした。

20代の頃、
エステティシャン(痩身担当)として、働くなかで、
「本当に痩せたいと思う方ばかりなんだろうか?」
と感じるようになっていました。

なかには、誰もが素敵!と思えるようなプロポーションの方もいらっしゃいました。
これ以上痩せる必要はないのでは?と思う体型の方もいらっしゃいました。

お話しをするなかで、なかなか結果に結びつかない方は、努力がたりないのではなく、何か別の原因があるように思いました。

当初の目的通り、結果を出して卒業される方。
卒業できずに、二重ローンで苦しむ方。

どうすれば良かったのか…
何が正解なのか…

モヤモヤした気持ちの中、心から喜べない日々が続きました。
そして、退職。

その後、女性ならではの発想で働けるお仕事ってなんだろ?と思い、選んだのが宝飾業界です。

当時、全くジュエリーどころかアクセサリーも身につけなかったのですが、女性を彩るもの、また天然石の色に魅かれて、業界に入ることを決めました。

入るなら、最高の資格を取ろう!と思い、1年間猛勉!
鉱物、宝石、天然石の鑑別、鑑定、デザイン、その他様々なことを学びました。

そして、国際的に通用するGIA.G.G(米国宝石学会宝石学修了士)を取得しました。

その後、大阪でダイアモンドのグレーダー(価値を決めるお仕事)を経て、天然石のアクセサリーを制作、販売、講師の仕事に携わることができました。

幸運にも、上司や同僚に恵まれ、とにかく頑張れば結果がついてくるという気持ちで、日々楽しく刺激のある日々でした。

毎日忙しくも充実していましたが、自身の身体のメンテナンスは、全くしていませんでした。

毎日残業、帰宅は深夜。

この頃、わたしは自分の身体は不死身だと思っていました。

食事はそこそこでも、寝ていなくても、ガツガツ働けていたからです。

そのうち、ストレスさえも感じなくなっていました。
完璧に気持ちの切り替えが出来ている!と思っていました。

あるとき、突然身体が動かなくなりました。

身体が重くて仕方がない、
胃が熱を持ったように、熱くて熱くて何も食べれない、
全身に湿疹が出て、痛くて寝れない、
朝起きると天井が回っていて、起き上がることができない、
不定期に突然くる、のたうちまわる腹痛、

当然、長時間立っていられないので、販売のお仕事にも影響します。

病院へ行きたかったのですが、なかなかお休みが難しい状態でした。
が…、そんな時たまたま、午前中お休みだったスタッフが勘違いして出勤していました。

「このまま、出勤してくれる?」
「いいですよ!」

なんてラッキー!!

病院へ行き診察。

結果、、、精密検査をする事になりました。

その時、季節は夏、7月。
店舗は京都でしたので、祇園祭で海外からのお客様も多く、売り上げを伸ばせる時期でした。

私「先生、お仕事休めないんですが…」
先生「今、一番大切なことを考えましょう」

職場のスタッフには無理をいって、出勤してもらい、
誰にも告げず、検査をすることにしました。

検査は、静脈麻酔をして体内の内膜を採取するものでした。

もし悪性なら、長期治療。
結果が出るまでの10日間、忘れもしません。

祇園祭で日本に観光に来ていたエジプト人一家が、毎日のようにお店に来てくれました。

陽気で楽しくて、時に騒がしく、
私の気持ちを和ませてくれました。

私の作ったアクセサリーを着けて喜んでくれました。
友人に紹介して、お友達も注文くださいました。

そんなこんなで、10日間お仕事に集中し、なるべく検査の事を考える間もない日々を過ごせました。

そして、検査結果当日。

私は、全てを受け入れると心に決めて、病院へ結果を聞きに行きました。

待合室で、普段しないスマホゲームをしました。
気を紛らわせるために。
でも、手が震えているんです。

そして名前を呼ばれ、診察室へ、、、

先生が一言、

「大丈夫でしたよ!」

その先生の一言で、私は泣き崩れてしまって、その後のことは全く覚えていません。

「生かされた」
「命をいただけた」

と思いました。

いただいた命で、できることをしよう!

その気持ちが溢れ、その日のうちに、上司に連絡。

身体のこと、検査のこと、これからのことを話し、理解していただき、上司が社長を説得してくださり、退職。

その後の検査でも、はっきりとした病状がわからず、別病院へ移り、検査したところ、子宮内膜症 チョコレート嚢胞であることが判明。

今より体重が10キロ近くも痩せていて、骨皮筋子(ほねかわすじこ)状態でした。
立っていても、地に足のついた感覚がない状態。

なんとか身体を元に戻さないと…、そう思っていた時に出会ったのがロミロミです!

ハワイアンロミロミと聞いて、南国の穏やかなイメージがありました。
施術を受けると「ピーン!」ときました。

ロミロミは、深部筋肉を手のひらや、前腕などを使って、ダイナミックに身体をほぐします。
深く心地よく、身体も気持ちも癒されました。

そして翌日、朝起きた時「あっ、軽い!調子いい!」と感じ、その状態がしばらく続きました。
身体のもちがよかったのです。

「ロミロミで身体が楽になれば、気持ちもスッキリする!」
「気持ちが楽になれば、身体の不調の解消にもつながる!」

通院しながら食事、睡眠など生活を見直し、環境を京都から兵庫県たつの市に移しました。

ロミロミを学び、リラクゼーションサロン勤務を経て、エステティシャン(痩身)の経験も生かした、ハワイアンロミロミとデトックスリンパトリートメントのサロンをオープンしました。

そして、ロミロミルームには、見て楽しんでいただけるよう、天然石のオリジナルアクセサリーを展示することにしました。

何気ない毎日を心地よく、心身共に健康で過ごすこと、そんな日々が何よりも幸せなことだと思っています。

同じ時間を過ごすなら、楽しいほうがいい、心地いいほうがいいとおもいませんか^^

【自分らしく】とよく耳にしますが【=自分が心地いいこと】だと感じています。

「自分が心地よいこと」が軸にあると、いろんなモノや想いが削ぎ落とされ、気持ちも行動もシンプルに楽になれる。。。

いろんな状況、環境がそれぞれにあります。
その立場や状況でどう感じるか、その感じ方、考え方で、周りが変わります。
世界が変わって見えます。

今を受け入れ、その中で自分らしく(心地よいと感じる)毎日を大切に過ごしていきたいと思っています。

そうすることで、周りにいてくれる家族や大切な人達と、心地よい幸せな時間が過ごせると思うのです。

気持ちも身体も軽くスッキリ!とリフレッシュしていただき、明日への活力、モチベーションアップの空間となりますよう、心を込めてお迎えし施術させていただきます。